【木炭の種類】全3種!用途別おすすめも紹介

  1. 「木炭にはどんな種類があるの?」

「黒炭と白炭、どっちがおすすめ?」

今回の記事では「木炭の種類」と「おすすめの使い方」についてお伝えしていきます。

こんにちは、浦幌木炭です!

木炭って、様々な種類があるので何を使っていいか悩みますよね。

正直、あなたの好み次第...なのです。

「炭の良し悪しは、火つき、におい・煙・炎の有無、火持ちでしょうね。ただ、これは使う人しだいというか、何を一番に求めるかにもよります」 (千田淳インタビュー「炭の話」『薪と炭で元気になる!』農文協 , 2022年2月)

 

バーベキューや炭火焼き、農業やインテリアなどで使用するとき、「どのような木炭を使いたいのかな?」と、イメージを膨らませながら、読んでいただけたらと思います!

 

木炭とは?

木炭の種類1

そもそも木炭とはなんでしょうか?

簡単にいうと「木材の炭素だけを残したもの」です。

同じ木で作られた木炭でも、やき方の違いで特徴(硬さやph)が変わるのです。

薪と比べると、木炭には

・炎が出ない

・煙がでない

・軽い

という特徴があります。

何がいい木炭で、悪い木炭なのか...

 

これは、前述した通り、あなたが木炭に何を求めているかで変わります。

炭化が進んでいない(炭素以外の成分が多い)と、においや煙がひどいかもしれません。

でも、炭素以外の成分が多いと、火つきがいいというメリットもあります。

何を重要とするかで、選ぶ木炭は変わるはずです。

 

【木炭の種類】全3種

木炭の種類2

今回は、「黒炭」「白炭」「消し炭」で種類分けをいたしました。

では、それぞれご紹介していきます。

【木炭の種類】黒炭

読み方は「こくたん」「くろずみ」

浦幌木炭で作っているのは、こちらの「黒炭」です。

特徴は

・白炭と比べて柔らかいので火つきがいい

・樹皮が付着している

・表面から徐々に燃焼する

おすすめの使い方

・バーべキュー

・飲食店

・消臭・脱臭・除湿

・かざり炭

 

バーベキューで使えるのはもちろん、お部屋に置くと消臭効果を発揮してくれます。

飲食店では、炭火焼きや、鰻屋さん、焼き鳥屋さんなどにおすすめです。

備長炭などの白炭と合わせても使えます◎

かざり炭は、消臭・浄化・癒しの効果があります。インテリアとしても使えます。

 

【木炭の種類】白炭

読み方は「はくたん」「しろずみ」

特徴は

・黒炭と比べると、火つきは良くない

・火持ちが良い

・樹皮は燃え尽きている

・とても硬く、叩くとカンカン音がする

・赤々と燃焼する

おすすめの使い方

・飲食店

・消臭・脱臭・除湿

黒炭と同じく、焼き鳥屋さんなどの飲食店です。

白炭は火つけが難しいので、黒炭と合わせて使ってもらうと、時短や、火力調整が楽になる、経費削減になるどのメリットがあります。

 

【木炭の種類】消し炭

特徴は

・柔らかい

・火がつきやすい

・農業利用に向いている

です。

消し炭は土壌改良をする際に役立ちます。

農作業をされている方や、化学的なものを使わずに土を綺麗にしたい方におすすめです。

 

木炭の種類まとめ

木炭の種類3

いかがでしたか?好みの種類は見つかりましたでしょうか。

浦幌木炭では、黒炭を取り扱っています。

気になった方はぜひ浦幌木炭の炭一覧のページから探してみてください。

 

こちらの記事では木炭の種類と、おすすめの使い方についてご説明いたしました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

参考図書
農文協
・『炭をやく 炭を使う』2012年6月
・『季刊地域 薪と炭で元気になる!』2020年2月

Copyright© 浦幌木炭 , 2022 All Rights Reserved.